サイトマップ

女性でもお金が借りられる

必要な時に手軽にお金を借りる方法としてカードローンがあります。契約後に発行されたカードには限度額が設定されていて、借入残高が限度額を超えない範囲であれば、何度でも繰返し借入れが可能です。借入れはATMから行えるので、まるで自分の口座からお金を下ろすような感覚で借入れができるようになります。

 

 

女性であればカードローンの利用に不安もあるかもしれません。利息も発生しますし、毎月の返済の心配もあるでしょう。そもそも女性でもカードローンを利用している人はいるのか、という疑問もあるかもしれません。

 

カードローン利用者は意外と多く、信用情報機関の調べによると1800万人以上と言われています。カードローンは意外と身近で利用されているのです。カードローン利用者の内、男性の割合は7割、女性の割合は3割というデータがあり、意外と女性のカードローン利用者は多いです。

 

女性がカードローンの疑問を解決する方法

カードローン会社からすると、男性よりも女性顧客の獲得に力を入れる傾向があります。これは、男性と比べて女性の方が、経済観念がしっかりしていて、確実に返済してくれる傾向が強いためです。そこでカードローン会社でも、女性獲得のためのサービスを展開している所もあります。

 

その1つが女性専用窓口です。例えばアコムやプロミス、アイフルなどでは、応対が全て女性の、女性専用窓口を用意しています。カードローンの利用経験がなければ、問い合わせも意外と緊張するものです。

 

また、初めてのカードローンであれば、借入れ方法や返済額、申込み条件、いつまでに借りられるのかなど、不安も多いかもしれません。これらの疑問にも全て女性スタッフが相談に乗ってくれます。

 

また、最近はインターネットで情報を収集する人も増えています。実際に借入れを行った女性の口コミ情報なども調べられます。実際の借入れの流れや貸してもらえたかどうか、利息はどれ位だったのかなど、参考になる情報がたくさんあります。

 

女性が借りる金額

カードローン契約時、カードには限度額が設定されます。限度額の範囲内であれば自由に借入れが可能です。例えば限度額が30万円に設定されているカードローンの場合、30万円までならいつでも借入れが可能なので、いきなり30万円引出してもいいですし、使う分だけ随時引出しても大丈夫です。

 

限度額まで一度借りれば終わりという訳ではなく、返済をして借入残高が減れば、繰返し借入れが可能です。

 

女性の場合、実際に借入れする金額はそれ程大きくはなく、30万円以下が多数です。特に10万円以下の借入れを希望する女性が多く、ちょっと生活費が足りなくて借りるとか、旅行や欲しいものがあって必要な分だけ借りるというケースが多いです。

 

これは、女性が金銭に関しての管理がしっかりしている傾向があるという点もありますが、もう1つ理由があります。女性の場合、男性と比べてフルタイムで働く人の割合は少ないです。カードローンは収入に見合わない限度額での貸付けは通常行いません。そういった事情もあって、女性の場合、30万円以下の限度額で利用している人が多いです。

 

中には返済を考えて5万円や10万円までの借り入れとする方も多く、余裕のある支払いを続けていくための賢くカードローンを利用しています。実際に5万円を借りたときの返済は毎月数千円で済むため、無理のないプランで返済が行えるのです。

 

女性でも借りられるのか

カードローン利用者の3割は女性なので、女性でもカードローンの借入れは可能です。ただし、カードローン申込みには条件と審査があります。

 

例えば消費者金融の場合、20歳以上で安定した収入があるというのが最低条件となります。そのため、自分自身に収入のない専業主婦は、消費者金融での借入れができません。もしも専業主婦であれば、銀行系のカードローンで専業主婦OKの所を探しましょう。

 

ただし銀行での借り入れであるとしても全てが専業主婦で借りられるわけではなく、保証会社による審査基準を設ける三井住友銀行カードローンの借り入れ条件には自身で安定した収入としているため、専業主婦では借りられないのです。

 

また、カードローンには審査があるので、審査に落ちてしまうとお金を借りられません。過去のローン関連の契約や支払状況によっては審査に落ちる可能性もあるので注意が必要です。